二期5.jpg

The Brewhouse INN & SUITE

ブルーリボンはパブストの醸造所と製粉所の再開発のための融資をおこないました。 この建物は3196平方メートルの敷地に、9メートルの高さのブロック張りの天井がドラマチックなインテリアスペースを醸し出す、クリームシティーレンガ造りの建物で、 90部屋を持つ”環境にやさしい”ブルーハウスイン&スイーツというホテルとジャクソンブルーリボンパブへ改造されました。このブティックホテルは様々なサイズのスイートルームに加え長期滞在用の部屋、高級仕様の部屋も設けています。
フルサービスには、ビジネスセンター、会議室、フィットネスセンター、ルームサービス、ランドリー、ドライクリーニング、ギフトショップなどが含まれています。 

2013年4月完成

PABST PROFESSIONAL CENTER

ミルウォーキーダウンタウンでは10年ぶりとなる新築オフィスビルパブストプロフェッショナルセンターは、6,700平方メートルの敷地に3,900平方メートルの賃貸用オフィススペースを完備したビルです。ミルウォーキーのダウンタウンの高台に位置しているため、近くの高速道路を利用する2百万台の車からも良く見え、ビルからは街のきれいな景色を楽しむことができます。全国で3地域、世界でも5地域しかないLEEDプラチナ賞を取得した、環境に優しい地区にあります。 ビルは現在賃貸が完了し、TCF銀行、クレメンツソーセージ、パブストビール会社の事務所が入居しています。

2014年8月完成

Building 29 - Exterior -STREET VIEW.JPG

ELEVEN25 AT PABST

Eleven25 at Pabstはパブスト工場跡地にある23225平米の旧瓶詰工場の建物を改造して作られている学生住宅です。この学生住宅にはフィットネスセンターや教室、広いラウンジなど様々な設備が完備されています。それに加え、商業スペースもあり、地域の人にも利用していただけます。Eleven25 at Pabstには400ものベッドがあり、地元の大学生ように美しくデザインされた部屋が用意してあります。

2016年8月完成

 

FIRST GERMAN METHODIST CHURCH : BUILDING 23

この歴史深い協会の建物は2階建てで、ユニークなスペースが特徴です。かつて一階(282平米)にはフォーストケラーレストランがあり、二階(280平米)はパブストビール工場の職員がくつろげる集会所になっていました。 ファーストジャーマンメソジスト教会(23番ビル)はウエストジュ―ノー通りと11番通りの南東の角に位置しています。ハイウェイ43がすぐ隣を走り、毎日通り過ぎる20万台の車から、この建物が見られています。パブスト醸造会社がここパブストに戻ってきて、新しい試験ビール醸造所と試飲コーナーをここに設ける予定であることが報道されました。 

2017年完成予定 

 

LIVING WORD iNTERNATIONAL eDUCATION CENTER

リビングワード国際教育センターは、2016年8月にオープンした、リビングワードルーテル高校内に建設された約700平米の留学生寮です。寮長用の部屋と20人の学生が入居できる5つのスイートルームがあります。この施設には、ランドリー、キッチン、ダイニング、そしてテレビと卓球台があるリビングが完備されています。スイートルームには2つの寝室、シャワーとトイレ、リビングルーム、冷蔵庫、机、箪笥、そしてフルサイズのベッドがあります。

2016年8月完成

ハイアットプレイスは、パブスト醸造所再開発地東の端、そして新しく建設中のバックスアリーナの西に建設予定のの150室のホテルです。バイキングスタイルの食堂をはじめ、185平米の会議場を備えています。ハイアットの本社によってハイアットプレイスのブランド名を広めるため、戦略的にミルウォーキーが選ばれ,イリノイ州の開発業者、ジャンコグループによって開発が進められる予定です。このプロジェクトがパブスト醸造所再開発地における最後の新建設事業になります。

2018年春完成予定